第2回(平成17年8月28日開催)
全日本 学生・社会人 かくれんぼ選手権 開催結果

(目次)

 参考:公式ルール
 1.出場チーム一覧
 2.予選1組結果
 3.予選2組結果
 4.決勝結果
 5.その他

※当ページの編集にあたっては、プライバシー保護の観点から
 個人名の掲載を(極力)割愛させていただいた。


参考:公式ルール

<全日本かくれんぼ協会 競技用(団体用)公式ルールより抜粋>
〜今後全国各地で地方予選等を行う場合にも当ルールにより行うものとする〜

 1.おに1人、隠れ人4人 の 5人1チームとする
 2.隠れ人4人がそれぞれ1点、2点、3点、4点に分かれ持ち点10点で競技をスタートする。
 3.競技ゼッケンは、持ち点の区分がわかるものを使用する
   ※例:(Aチームの場合)おに=A/隠れ人=A-1、A-2、A-3、A-4
 3.隠れ人が発見されてしまったら、その点数が持ち点から減点される。見つけたおにのチーム
   には、何点の隠れ人を発見したとしても、一律に1点が加点される。
   ※隠れることに重きを置いたルールとするため
 4.競技時間は予選(並びに予選に準ずるモノ)は40分、決勝(並びに決勝に準ずるモノ)は60分で行う。
   ※地方予選大会等は、全国大会出場を決定する最終協議を決勝に準ずるモノとして取り扱う。
 5.競技エリアは、参加するチーム数や開催地の環境等により決定する。
   ※第1回全日本かくれんぼ選手権はかくれんぼ道場のある山を使って行った。
 6.競技時間終了を待たずして、隠れ人が全員見つかってしまった場合は、そのチームは
   その時点で競技終了とする。
 7.競技終了時点で得点の多いチームが勝ち。
 8.競技終了時点で同点だった場合は以下のとおり取り扱う。
  (1)隠れ人の残りポイントが多いチームが勝ち【同点規定その1】
  (2)隠れ人の残りポイントが同点の場合は、より点数の高い隠れ人が残っているチームが勝ち【同点規定その2】
  (3)さらにそれも同位だった場合は、自動的に、おにによるポイント(加点分)も同点であるため、
   その場合は他チームのより高いポイントの隠れ人を発見したチームが勝ち【同点規定その3】
  (4)それでもまだ同点の場合には、恨みっこナシで5人全員によるじゃんけんで勝敗を決定する。【同点規定その4】
 9.競技中の携帯電話の使用は一切認めない。但し、緊急事用に電源をつけておく義務がある。
   ※隠れているときの「一人ぼっち…」の淋しさを味わうのがかくれんぼの醍醐味
   ※遭難(?)、ハチ、クマ、マムシ等の危険にさらされた場合の緊急避難用具として使用。
10.「見〜つけた」の定義は、コールだけでは無効とし、タッチすることにより成立するものとする。
11.隠れ人は競技中(正確には見つかるまで)は走ってはいけない。
 ・
 ・
 ・ (その他、公式ルールでは、あらゆる行動に規定を設けている。)

※公式ガイドブック(マニュアル)作成予定


1.出場チーム一覧

No. ゼッケン チーム 所属等

予選組分け
(受付時に抽選)

1 A ラークス 京都産業大 2
2 B Trand 京都産業大 1
3 C ぷくぷく隊         1
4 D チームフォレスト         1
5 E チーム魚肉ソーセージ 愛知医大 2
6 F 船橋キャッツアイ   2
7 G 近年稀にみる強豪かつ古豪   1
8 H アクロバティックス   1
9 I KAKUKEN1 某大学 無断欠場
10 J KAKUKEN2 某大学 無断欠場
11 K KAKUKEN3 某大学 無断欠場
12 L SS 津田塾大学 2
13 M テクノカッターズ   2
14 N 三十路ボンバイェイ   2
15 O 崖っぷち1   1
16 P 崖っぷち2   2
17 Q チーム 神出鬼没   1
18 R ものしり経理くん   1
19 S いもむし。   1
20 T 上海ドラゴン   2
21 U 同志社大学かくれんぼ同好会A 同志社大学 1
22 V 同志社大学かくれんぼ同好会B 同志社大学 1
23 R 同志社大学かくれんぼ同好会C 同志社大学 2
24 X 早稲田大学かくれんぼ同窓会A 早稲田大学 2
25 Y 早稲田大学かくれんぼ同窓会B 早稲田大学 2
26 Z 早稲田大学かくれんぼ同窓会C 早稲田大学 1


2.予選1組結果(並び順は予選順) ※隠れ人欄のは発見された意

■平成17年8月28日 現地時間 10:25もういいかい/10:30もういいよ/11:10競技終了

ゼッケン B C D G H O Q R S U V Z





C-2 D-3 G-3 Q-3 B-3 Q-4 Z-1 V-2   S-3 R-3 Q-1
    O-4 H-1 U-2 B-2 O-2 D-4   S-1   C-4
    S-4 H-4 G-2 R-1   H-3       H-2
        Z-3 U-4   Q-2        
                       
                       
小計 1 1 3 3 4 4 2 4 0 2 1 3




1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3
4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4
小計 5 4 1 5 0 6 0 6 2 4 8 6
合計 6 5 4 8 4 10 2 10 2 6 9 9
順位 6 8 9 5 10 2 12 1 11 7 3 4
同位説明 同点
規定
その
1に
より
6位
  同点
規定
その
1に
より
9位
  同点
規定
その
1に
より
10位
同点
規定
その
2に
より
2位
同点
規定
その
1に
より
12位
同点
規定
その
2に
より
1位
同点
規定
その
1に
より
11位
同点
規定
その
1に
より
7位
同点
規定
その
1に
より
3位
同点
規定
その
1に
より
4位
備考       決勝進出   決勝進出   決勝進出     決勝進出 決勝進出

(結果解説)
予選1組は、各チームともに「4点」の隠れ人をいかに守るか…の戦いだったと言っても過言ではない。折角おにが頑張っても、Hチームと、O&Rチームとでは大変な差だ。また決勝に勝ち残った上位5チームは3名以上隠れ人をGETしており、やはり「おに」の実力にもモノを言う戦いだったと言えよう。当然のことながら隠れ人が全滅したチームは残念ながらやはり下位順位となっている。
※同点の際の順位付けについては、公式ルールを同点規定参照。



3.予選2組結果(並び順は予選順) ※隠れ人欄のは発見された意

■平成17年8月28日 現地時間 11:35もういいかい/11:40もういいよ/12:20競技終了

ゼッケン A E F L M N P T W X Y  





M-1 W-3 E-1 N-1 F-2 P-3 F-1 M-3 F-3 N-3 W-2  
W-1 A-4 A-2 T-2     A-1 A-3 P-2 N-2 P-1  
    N-4         X-3 X-4 L-2 L-1  
                    T-4  
                       
                       
小計 2 2 3 2 1 1 2 3 3 3 4  




1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1  
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2  
3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3  
4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4  
小計 0 9 4 7 6 0 4 4 4 3 10  
合計 2 11 7 9 7 1 6 7 7 6 14  
順位 10 2 6 3 4 11 8 7 5 9 1  
同位説明     同点
規定
その
3に
より
6位
  同点
規定
その
1に
より
4位
    同点
規定
その
2に
より
7位
同点
規定
その
3に
より
5位
     
備考   決勝進出   決勝進出 決勝進出       決勝進出   決勝進出  

(結果解説)
予選2組は、4点隠れ人は比較的多く残った。当然隠れ人得点がかなり高水準となったため、隠れ人発見バランスというより、隠れ人得点の順に順位が確定した感は否めない。(同点規定はこれ以上改善する予定はないが)合計7点の4チーム内でWチームが5位に滑り込んだ要因は、おにが高ポイントの隠れ人を多数見つけていたからだ。いかに高ポイントの隠れ人を守り、いかに敵チームの高ポイントの隠れ人を探すか…。このルールにおける「高ポイント隠れ人」の重要性を象徴する歴史に残るゲームであったことは言うまでもない。
※同点の際の順位付けについては、公式ルールを同点規定参照。



4.決勝結果(並び順は決勝進出決定順) ※隠れ人欄のは発見された意

■平成17年8月28日 現地時間 13:25もういいかい/13:30もういいよ/14:30競技終了

ゼッケン E G L M O R V W Y Z    





R-1 M-1 W-4 W-1 V-1 V-4 L-4 V-2 G-2 G-4    
Y-2 E-4   R-3 M-2 L-1 E-3 E-1 G-1 M-3    
Y-1       W-3 G-3   L-3 M-4 E-2    
          Y-3   Z-4 R-2      
              Y-4 R-4      
                       
小計 3 2 1 2 3 4 2 5 5 3    




1 1 1 1 1 1 1 1 1 1    
2 2 2 2 2 2 2 2 2 2    
3 3 3 3 3 3 3 3 3 3    
4 4 4 4 4 4 4 4 4 4    
小計 0 0 2 0 10 0 3 2 0 6    
合計 3 2 3 2 13 4 5 7 5 9    
順位 8 9 7 10 1 6 4 3 5 2    
同位説明 同点
規定
その
1に
より
8位
同点
規定
その
3に
より
9位
同点
規定
その
1に
より
7位
同点
規定
その
3に
より
10位
    同点
規定
その
1に
より
4位
  同点
規定
その
1に
より
5位
     
備考                     

(結果解説)
予選1組第1位通過のRチームは、予選の段階から、隠れ人の弱さが目立ったが、残念ながら、その弱さが決勝で露骨に出てしまった。また反対に、予選2組第1位通過のYチームは、予選では誰も見つからないという脅威的な強さだったのにもかかわらず、決勝では何故か総崩れとなってしまった。決勝に残るだけあって、両チームともに、おには大健闘し上位発見率ではあるものの、隠れ人が総崩れということもあり、優勝、準優勝を逃した。この傾向は、Wチームにも言える。おには大健闘だったものの、隠れ人が不甲斐なかったため、おしくも3位に甘んじてしまった。4点隠れ人の失点が惜しまれるところだ。そんな中、隠れ人を完全死守した「Oチーム」と、4点隠れ人は逃したものの、それ以外の隠れ人が見事隠れきった「Zチーム」の実力は、おにがともに3人ずつ発見していることから見ても、攻守ともにバランスの取れた優れたチームだったことがわかる。勝つべくして勝った両チームだったと言えよう。第2回全日本かくれんぼ選手権をパーフェクトで締めくくった「Oチーム」にあっぱれ!
※同点の際の順位付けについては、公式ルールを同点規定参照。


5.その他

※表彰等
 <団体賞>
  優勝:崖っぷち1→表彰状・トロフィー・優勝旗・金メダル・副賞(但馬ビーフ)
  準優勝:早稲田大学かくれんぼ同窓会C→表彰状・盾・銀メダル・副賞(米)
 <個人賞>
  MVP:崖っぷち1:「O-4」の隠れ人さん
      →表彰状・トロフィー・副賞(ログハウス「カナダ」宿泊券)
  敢闘賞:惜しくも準優勝は逃したものの、隠れ人を5人発見し3位に導いた、おに「W」さん
      →表彰状・盾・副賞(なし→ナシ→「梨」・笑)

(競技分析&解説/全日本かくれんぼ協会 副会長)